KAWASAKI NINJA 650 KRT EDITION 2022


バイク「Kawasaki Ninja 650 KRT Edition」の技術データやスペックを一挙公開します。 2022年に世界に発表され、さまざまな仕上げや排気量のものが用意されました。

このスポーティのバイクは初代が2007年に発売されたので、すでに15年前の世代のバイクということになります。

「このバイクの特徴をより具体的にお伝えすると、電動スタートスターター付きの2気筒エンジン、4ストロークで排気量649.0 cc、総電力52.3 hp (38.2 kw) @ 8000 rpmです」。

このとてつもないバイクの情報、詳細、スペックを是非ご覧ください。

技術仕様 KAWASAKI NINJA 650 KRT EDITION 2022

一般仕様
作るKawasaki
モデルNinja 650 KRT Edition 2022
2022
カテゴリースポーティ
エンジン・トランスミッション
置き換え649.0 cc (39.60 ci)
エンジンタイプ2気筒エンジン、4ストローク
パワー52.3 hp (38.2 kw) @ 8000 rpm
トルク56.0 Nm/ 4000 RPM (5.7 Kgf-m (4000 RPM時) (41.3 Ft. lbs @ 4000 RPM)
ボア×ストローク83.0 x 60.0 mm (3.3×2.4インチ)
シリンダーあたりのバルブ数4バルブ
インテーク36mmケーヒンDFIツインボディインジェクションインテーク(バタフライ付
燃料制御ツインオーバーヘッドカムシャフト(DOHC)
イグニッションTCBI トランジスタ制御点火装置(電子進角)搭載
ルブリケーションセミドライサンプ強制給油。
冷却水冷式
トランスミッション6速
ファイナルドライブ密閉型チェーンドライブ(Oリング付き)
クラッチ遠心式パワーアシストクラッチ
寸法と容量
フルウェイト192.1kg (423.4ポンド)
シートまでの高さ790mm (31.1インチ)
全体の長さ2055mm (80.9インチ)
全体の幅739mm (29.1インチ)
グランドクリアランス130mm (5.1インチ)
燃料容量15.14 リットル (4.00ガロン)
シャシー、サスペンション、ホイール
シャーシタイプ高強度スチール製のチューブラーシャーシ。
フォークの角度24.0度
フロントサスペンション直径41mmの油圧式伸縮フォーク。ブラック仕上げ
フロントホイールトラベル124mm (4.9インチ)
リアサスペンションスイングアームマウントショックアブソーバ。スプリングプリロードを調整可能。
リアホイールトラベル130mm (5.1インチ)
フロントタイヤ120/70-17
リアタイヤ160/60-17
フロントブレーキデュアルディスクフロントブレーキ(オプションでABS付)。デュアルピストンキャリパーに適合します。フリンジ付きディスク
リアブレーキシングルディスクリアブレーキ(オプションでABS付)。1ピストンキャリパーを搭載
ホイールブラック5スポークリム
その他の仕様
スターター電動スタート
楽器アナログタコメーターと多機能液晶ディスプレイ。
ライトデュアルLEDヘッドライト

使用可能なカラー

ライムグリーン
エボニー
白色

評価・採点

ユーザーから寄せられたバイクへの評価です。:

エンジン
エンジンの応答性、フィーリング、加速度、パワー
75
ドライブ
短距離から長距離まで、総合的なドライビングエクスペリエンス
79
ブレーキ
ブレーキフィール、ABS応答性、急ブレーキ応答性
99
インストルメンテーション
情報量の多さ、さまざまな走行モード、コネクティビティ
96
快適性・利便性
シートコンフォート、ドライビングポジション、コントロールエルゴノミクス
92
外観・スタイリング
類似モデルと比較した場合の全体的なデザイン、外観。
98

の疑問や不安を解消します。 KAWASAKI NINJA 650 KRT EDITION 2022

📅 このモーターサイクルの最初のモデルが製造されたのはいつですか?

このバイクの最初のモデルは、2021年に生産されました。

🏇 このバイクのパワーはどれくらいですか?

Kawasaki Ninja 650 KRT Editionの出力は52.3 馬力 (38.2 kw) @ 8000 rpmです。

⛽ このモーターサイクルの燃料容量はどのくらいですか?

KAWASAKI NINJA 650の燃料容量は15.14 リットルです。

ご意見・ご感想