YAMAHA DELIGHT 125 2022


2022年のことを考えると、「Yamaha Delight 125」はトレンドを生み出すバイクでした。名門ブランドは、この美しいバイクを数種類の排気量で製造した。

このバイクはスクーターバイクというカテゴリーに属し、Yamaha delightのこの世代の最初のモデルは2014年に発売されたので、すでに8年前の世代のバイクということになります。

「このバイクのスペックをまとめると、電動スタートスターター搭載の単気筒エンジン、4ストロークで排気量125.0 cc、総出力8.3 hp (6.1 Kw) @ 7000 rpmです」。

この素晴らしいバイクの情報、詳細、スペックを是非ご覧ください。

技術仕様 YAMAHA DELIGHT 125 2022

一般仕様
作るYamaha
モデルDelight 125 2022
2022
カテゴリースクーター
エンジン・トランスミッション
置き換え125.0 cc (7.63 ci)
エンジンタイプ単気筒エンジン、4ストローク
パワー8.3 hp (6.1 kw) @ 7000 rpm
トルク9.8 Nm/ 5000 RPM (1.0 Kgf・m(5000rpm時) (7.2Ft.lbs(5000 RPM時)
ボア×ストローク52.4 x 57.9 mm (2.1×2.3インチ)
シリンダーあたりのバルブ数2バルブ
インテークインジェクションインテーク
燃料制御シリンダーヘッドに配置されたカムシャフト(SOHC)
イグニッションTCIトランジスタ制御点火装置
ルブリケーションスプラッシュ潤滑。ウェットサンプエンジン
冷却空冷式
トランスミッションオートマチックトランスミッション
ファイナルドライブベルトドライブ
寸法と容量
フルウェイト101.0kg (222.7ポンド)
シートまでの高さ800mm (31.5インチ)
全体の長さ1805mm (71.1インチ)
全体の幅685mm (27.0インチ)
グランドクリアランス125mm (4.9インチ)
燃料容量5.50 リットル (1.45ガロン)
負荷容量シート下収納スペース
消費と排出
平均消費電力1.80 L/100 Km (55.6 Km/L) (130.68mpg)
温室効果ガス41.8 Co2 g/Km
排出量ユーロ5対応
シャシー、サスペンション、ホイール
シャーシタイプ高強度鋼板加工シャーシ
フロントサスペンションテレスコピックフォーク
フロントホイールトラベル81mm (3.2インチ)
リアサスペンションスイングアームサスペンション、シングルショックアブソーバー。
リアホイールトラベル68mm (2.7インチ)
フロントタイヤ90/90-12
リアタイヤ100/90-10
フロントブレーキフロントディスクブレーキ。油圧システム
リアブレーキリアドラムブレーキ
その他の仕様
スターター電動スタート
楽器液晶ディスプレイ付きデジタル計器

使用可能なカラー

白色
赤色
ブラック

評価・採点

ユーザーから寄せられたバイクへの評価です。:

エンジン
エンジンの応答性、フィーリング、加速度、パワー
86
ドライブ
短距離から長距離まで、総合的なドライビングエクスペリエンス
76
ブレーキ
ブレーキフィール、ABS応答性、急ブレーキ応答性
76
インストルメンテーション
情報量の多さ、さまざまな走行モード、コネクティビティ
97
快適性・利便性
シートコンフォート、ドライビングポジション、コントロールエルゴノミクス
93
外観・スタイリング
類似モデルと比較した場合の全体的なデザイン、外観。
96

の疑問や不安を解消します。 YAMAHA DELIGHT 125 2022

📅 このモーターサイクルの最初のモデルが製造されたのはいつですか?

このバイクの最初のモデルは、2021年に生産されました。

🏍 このバイクの燃費はどれくらいですか?

YAMAHA DELIGHTの燃費は1.80 L/100 Kmです。

🏇 このバイクのパワーはどれくらいですか?

Yamaha Delight 125の出力は8.3 馬力 (6.1 Kw) @ 7000 rpmです。

⛽ このモーターサイクルの燃料容量はどのくらいですか?

YAMAHA DELIGHTの燃料容量は5.50 リットルです。

ご意見・ご感想